暮らし

ティファールのおすすめケトルレビュー【掃除方法はどうするか】

ティファールのおすすめケトルレビュー【掃除方法はどうするか】
よしの
よしの
こんにちは!よしの(@yoshinolife)です。

 

私は最近よく、緑茶やカフェラテを飲んでいます。

 

その時にお湯を沸かしますが、やかんで沸かすのは時間がかかるし火加減を見ておかないといけなくて面倒…。

 

そんな時は電気ケトルがお手軽でおすすめです!

 

今回は我が家で使っているティファールの電気ケトルのレビューをします。

 

\この記事はこんな人におすすめ!/
  • 新しい電気ケトルを探している人
  • ティファールのケトルを使ったことがない人
  • ティファールのケトルの中でおすすめを知りたい人
スポンサーリンク

ティファール ジャスティン プラス

 ティファール 電気ケトル 1.2L ジャスティン プラス です。

私が新卒で一人暮らしを始めてから購入したものなので、もう5年近く使っています。

長く使ってもまったく壊れる気配もなく、現役で活躍してくれている頼れる一台です!

ジャスティン プラスの良い点は

購入価格がお財布にやさしい

なんといっても購入価格が5000円以下とお手頃な価格であるところが魅力です。

Amazonで現在の価格を確認してみると、参考価格が7,085円から3,021円に価格ダウンしていました。(2019/07/22現在)

お湯がはやく沸く

「あっという間にすぐに沸く♪」というキャッチフレーズ通りに沸くのが早いです。

操作もカンタンで、ケトル内に必要な分の水を入れてスイッチを押して待つだけ。

150mlほどの量のお湯を沸かしてみると、約1分で沸騰しました。

満水の1.2Lの水も3~4分ほどで沸かすことができました。

お手入れラクラク

お手入れもラクに済ませることができます。

日常のお手入れはお湯を沸かしているだけなので、ササっとすすぐだけ。

ケトル内の水切りができるように、ケトルを逆さにして干しておくと水アカが付くことなくキレイを保つことができます。

長期間使っているとケトル内の底の金属部分に水アカが浮いてくるので、クエン酸を使ってお手入れをします。

ケトル内を満水にして、大さじ1杯のクエン酸を入れて沸騰させた後、ケトル内をよくすすぐだけでお手入れ完了です。

 

もしもそれでケトル内の水アカや汚れが落ちにくい場合は、「電気ケトル洗浄中」を使うとキレイに落ちます。

私のケトルは長年使っているので、水アカが付きやすくなってきました(;´・ω・)

「汚れが気になるな~」というときは電気ケトル洗浄中を使用しています。

1包入れてお湯を沸かせばあっという間にキレイになります!

コードレスで持ち運びがラク

ケトル部分とコードがついている熱伝導部分は着脱可能となっています。

お湯が沸いたらケトル部分だけを持ち歩くことができます。

ケトルの外側はほとんど熱さを感じない素材でできています。

友達を家に招いたときにお茶のおかわりが欲しいと思ったら、ケトルだけを持ってきてつぎ足すことがカンタンにできるので便利ですね。

しろ
しろ
持ち手がしっかりつかめて持ちやすいからいいね!

おわりに

電気ケトルを選ぶとき、私は安さと扱いやすさで選びました。

ケトルのフタをしっかり閉めて、たくさんお湯を沸かせるタイプもティファールにはあります。

しかしこちらのジャスティンプラスの方が、上ぶたのレバーを引くだけでフタがパカっと開くのでとても便利でした。

3~4人程度のお茶であればこちらの1.2Lの量で充分ですね。

 

もしケトルでお悩みの方がいらっしゃったら、ご参考ください♪

ABOUT ME
よしの
看護師・保健師公務員を退職後、フリーランスイラストレーターとして働く20代新米主婦。 これまでの経験を生かして無理なく毎日を楽しく過ごすヒントを発信。 旦那さんと猫が大好き!
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください