暮らし

社交不安障害を生きる【いい子ちゃんは辞めた】

よしの
よしの
こんにちは!よしの(@yoshinolife)です。

 

皆さん、社交不安障害(別名:社会不安障害)って聞いたことがありますか?

 

うつ病や統合失調症などよくメディアでも取り上げられる心の病気については、聞いたことがある方は多いかもしれません。

もしかしたら、そういった有名な病気に比べたら社交不安障害という名前は「初めて知った」という人の方が多いかもしれないですね。

 

社交不安障害とは、一言でいうと「あがり症」です。

といっても大勢の人の前で何かをするときに、全く緊張しない人はほとんどいないと思います。

 

「私もあがり症で~」という方も多いでしょう。

 

誰でも多少は経験することなので、「あがる」こと自体はむしろ人間にとって自然なことです。

それが過剰でなければ普通のことですが、社会生活を送るのに支障が出るほどのあがり症は「社会不安障害」という病気である可能性があります。

私は、この社交不安障害という病気の診断を受けました。

 

↓診断された話については私の自己紹介でも触れています。

 

 

今は通院治療もしていませんが、人前はやはり苦手です。

 

「治る」とは言われていますが、一生付き合うことになる病気でもあるのかなと思っています。

 

今回は社交不安障害についてどんな病気なのか、特徴・治療方法、私の体験をお話ししたいと思います!

\この記事はこんな人におすすめ!/

  • 社交不安障害の診断を受けた人
  • 社交不安障害について初めて知った人
スポンサーリンク

社交不安障害とは

社会不安障害(social anxiety disorder、SAD)は、社会や人前で嫌な思いをしたり、他人に辱められることに対する不安が強く、行動などに障害を及ぼすものです。

(厚生労働省 こころの耳 働く人のメンタルヘルス・ポータルサイト

結婚式のスピーチや大事な会議などで、人前で緊張してあがってしまったという経験を持つ方は多いと思います。

このような普段の生活と離れた場面での緊張は誰しもあるものです。

思春期の頃に異性の前に出たり話そうとするだけで、緊張して顔が赤くなってしまったという経験をした人も多いことでしょう。

しかし思春期の頃の自意識過剰やあがり症は、年齢とともに次第に治まっていくと言われています。

ただ、私のようにこのようなあがり症の傾向が大人になっても治まらない人はいます。

社交不安障害の特徴・症状

日本ではこの社交不安障害で悩んでいる人が、約300万人以上いると言われています。

社交不安障害の症状としては、以下のものがあります。症状は人によって違います。

(参考:エンパワーヘルスケア株式会社「社会不安障害って?」より)

スピーチ恐怖人前で話をするときにひどく緊張する。言葉に詰まったり、口がもつれたり、声や体が震えたりするためうまく話すことができない。大勢の前でのスピーチや会議、集会での発言で症状が出ることもある。
 
日本人の社交不安障害は、このスピーチ恐怖が一番多いと言われています。私もおそらくこれに一番当てはまってます!
書痙(しょけい)受付や窓口で書類などを書く場合、人に見られていると緊張で手が震え、うまく字を書くことができない。
症状を自覚すると、さらに恐怖感が芽生えてされにひどくなりやすい。
 
対人恐怖大勢の人の前で話したり、会議で意見をいったり、権威ある人と対面する場面で、過度に緊張してしまう。
他人がどう思うかと他人の反応に敏感すぎて相手の心を深読みしてしまう。
自分以外の人は皆仲が良いと思い込む。他人との接触に苦痛を感じてしまう。
 
会食恐怖人と一緒に食事をすることに不安や恐怖を感じる。
緊張して、食事がのどを通らない。ま「ここで吐いてしまわないか」という強い不安がある。
 
視線恐怖人に見られていると思うと緊張して、電話をしたり、人前で何かを行ったりすることができない。
他人の視線が怖かったり、自分の視線が他人を不快にするのではないかと思うタイプもある。
 

などなどあります。

その他にも

  • 電話恐怖(電話対応の時に声が震える)
  • 排尿恐怖(人が近くにいるとできない)
  • 腹鳴恐怖(お腹が鳴ったら怖い)
  • 発汗恐怖(緊張で汗が止まらない)
  • 振戦恐怖(手が震える)

など様々な症状があります。

これらのように不安や恐怖が非常に強く、生活に支障を来すような場合は社交不安障害が考えられます。

どんな人がかかる病気か

「こういった性格の人がかかりやすい」というのは統計学的には出ていません。

ただ、他の不安障害と共通する部分があり、人よりも神経質であったり不安になりやすい人がかかりやすいとされています。

特に、内向的であったり心配性、完璧主義などの性格を持つ人は社交不安障害に陥る可能性があると言われています。

発症の原因

私の場合は、主治医に「危険なことや怖いと思っていることに対して、偏桃体(へんとうたい)という脳の部分が過剰な反応を起こしているから、非常に不安になっている」と説明されました。

実は、発症の原因については、まだはっきりとは分かっていません。

  • 脳内の神経伝達物質であるセロトニン(精神を安定させる作用がある脳内の神経伝達物質)などのバランスが乱れて、不安を誘発している
  • 恐怖や不安に関与する脳内の扁桃体が過剰に反応している

などが原因と考えられています。

10代半ばから20代前半の頃が発症年齢とも言われていますが、「自分の性格のせいだ、努力が足りないせいだ」と思い込んで、なかなか心療内科や精神科受診までには至らず10年以上経ってから受診したという方も多いようです。

治療法

治療としては、

  • 薬物療法(SSRIというセロトニンが十分に分泌されるのを助ける役割がある薬)
  • 精神療法(認知行動療法などでマイナスになりがちな思考を修正)
  • セルフケア

があります。

完治まで大切なことは、まず自分が病気だと認識し正しい治療を受けることです。

通院病院については、主治医と合うかどうかは病院へかかってみないと分かりませんが、できれば社交不安障害に詳しい心療内科や精神科を選ぶと良いでしょう。

私の場合

症状出現

幼少期

私は小さい頃から内向的で心配性だったと思います。

親戚の前や母の知り合いの前などでは母の後ろに隠れるか、母を通して会話しているような子どもでした。

今思うと、小学生、中学生、高校生と年齢が上がっていっても、必ず誰か居心地の良い”代弁者”がいました。

友達を作るのも誰か仲のいい子を通じてでないと、自分から新しい友達を作れませんでした。

とにかく誰か代弁者がいない限り、自分で発言することにどこか恥ずかしさや「変なことを言ったら嫌われるんじゃないか」という恐怖心を持っていました。

きっかけはいまだによく分からないのですが、多分、このへんの思春期あたりで友達関係で失敗したりしたこともよくあったので、思春期頃にはすでに発症していたのではないかと思います。

社会人

社会人になってからは、とくに仕事の会議の場で症状が出ることが多かったです。

私の前職では事業の変更が度々あるので、係内の連絡会議で担当事業の変更点を伝えなければいけませんでした。

持っている資料をもとに話せばいいのですが、他人の視線が気になって言葉に詰まってしまったり声が震えたりしてしまっていました。

その内、自分が何を話しているのかワケが分からなくなり頭が真っ白になってしまったこともありました。

それで会議が終わった後に「うまくできなかった」とよく落ち込んでいました。

 

自分の意見を言うのも苦手で、会議や普段の会話でさえも突発的に意見を求められると声が出なくなったりどもったりしてしまい、情けなくなったことも何度もありました。

声を絞りだして意見を言えたとしても、「みんな変に思わなかっただろうか」、「この意見でよかったんだろうか」とずっとくよくよしていました。

家に帰って自分の至らなさに泣くことはしょっちゅうでした。

そうこうしているうちに、眠れなくなり体調を崩して精神科にかかることになってしまいました。

ちなみに、治療前から仕事の影響で自分が鬱っぽくなっているのは感じていたので、精神科には以前からかかってみようと思っていました。

ネットで病院を探すときは「会議で自分の意見が言えない」「精神科」「○○市」などのキーワードで検索していました。その際に「社交不安障害」の名前を見かけました。

自分の症状に当てはまることが多かったので、この病気の可能性も考えて、詳しい先生に診てもらおうと近くの病院を探しました。

幸い、社交不安障害の研究をしている主治医の病院が近くにあったので、予約をとって行くことができました。2週間後に予約が取れました。

しろ
しろ
病院に電話してみたけど、明日の予約がとれなかったよ~

くろ
くろ
予約でいっぱいなのかもね

心療内科や精神科は予約制のところが多いので、もしかかりたい場合は、限界になる前に早めに予約をしておくと良いでしょう!

治療

私の場合はSSRIの薬を約1年間内服していました。

あとは受診した際に、主治医に体調の変化の話を5分くらいの診察でする程度。

治療の間、主治医から言われていたのは

「いい子ちゃんすぎるから、いい子ちゃんでいるのは辞めなさい」

ということでした。

失敗して誰かに迷惑だと思われたとしてもいい。

我慢せずにもっとわがままを言ってもいい。

自分の好きなことを色々やってもいい。

そう言われました。

 

でも私は「いい子ちゃん」をすぐに辞めることはできませんでした。

小さい頃からそれが普通だと思って生きてきたからです。

普通に仕事をしてお金を稼いで、人に迷惑をかけないように普通に毎日を送る。

自分が頑張れば、誰にも迷惑をかけずに生きていける。

しかし、さらに主治医に二言目に言われたのは

「あなたの病気は仕事のせい。仕事を辞めて専業主婦になりなさい。」

でした。

 

このとき、せっかく就職したし、これからも仕事を頑張って続けたいと思っていた私は、

しろ
しろ
このご時世、専業主婦になれるわけないじゃん!!

心の中で毒づいて、苦笑いでスルーしていました。

ここで主治医の話をスルーして自分の体調もスルーしてしまったので、仕事を退職する日まで順調に回復できず、ひどいアップダウンを繰り返してしまいました。

退職後、専業主婦になったわけですが、ストレスがなくなったため体調はすこぶる回復。

最後あたりの通院はニッコニコで診察を受けていたので、「最初の頃と比べて元気になったね~」と治療もそのままそこで終了となりました。

くろ
くろ
結局は主治医の話をよく聞いて、自分の体調を無視しないことが一番の治療でした。

逃げ道を作っても良い

この病気にかかる方って、わりと真面目な方が多いんじゃないかなーと思います。

そして人付き合いもわりと下手っぴです。

「逃げ道を知らない」というか、「こうあるべき!」という自分で作り上げた理想から自分で逃れられないようにしているような。

いい意味で「適当に」生きれない人が多いのではと思います。

私も社会人になってからは「迷惑かからないようにしなきゃ」「社会人としてうまく人付き合いすべき」と頑なに思っていました。

しろ
しろ
退職する直前の末期なんて、ひどくこの考えにとらわれていました。

 

しんどい時は、「ちょっとした人生の夏休み」と思って、ちょっとだけ休憩をとってみてもいいのではないかなと思うのです。「頑張らなきゃ」のいい子ちゃんは辞めていい。

 

「逃げ道」は人それぞれで違いますが、私は「仕事を辞める」選択をしてみて良かったと思います。

なぜならこのまま仕事を続けていたら、自分が壊れていたから。

 

正直言うと、治療が終わった今も人前で話をするのは苦手です。

これからもおそらく付き合っていくことになるかもしれないし、中年のオバちゃんになったらもしかしたら平気になるかもしれない。

 

「人前で話すのが苦手」という特徴を許してくれる環境にいるのが、自分にとって今一番幸せだなあと思います。

うまいことゆるゆる生きて、自分の個性と付き合っていきたいです。

しろ
しろ
今回はちょっと暗くてとりとめのない話になってしまいましたが、「こんな病気あるんだなあ、こんな人もいるんだなあ~。フーン。」と思ってもらえたらいいなあと思います。

ABOUT ME
よしの
看護師・保健師公務員を退職後、フリーランスイラストレーターとして働く20代新米主婦。 これまでの経験を生かして無理なく毎日を楽しく過ごすヒントを発信。 旦那さんと猫が大好き!
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください