暮らし

iPhone11の価格はどのくらい?ナイトモード装備は子育て世代に必要か

iPhone11の価格はどのくらい?ナイトモード装備は子育て世代に必要か
よしの
よしの
こんにちは!よしの(@yoshinolife)です。

iPhone11の予約が開始され、9/20発売されますね。

今回のiPhone11シリーズはカメラの機能がアップしたとのことで、期待している方も多いのではないでしょうか。

ただ、いくら機能が良くなったとはいえ、iPhoneは子育て世代の財布にはちょっと負担が大きいですよね。

そこで、価格が高いけれども子育て世代でも新しいiPhone11を買う価値があるのかどうか、価格やスペック、メリット・デメリットを調べてみました。

この記事はこんなあなたにおすすめ!

  • 子どもを持つお父さん・お母さん
  • 子どもの写真をきれいに撮りたいお父さん・お母さん
スポンサーリンク

最新機種 iPhone11の価格は?

一括価格

iPhone11の一括価格

 ドコモauソフトバンクSIMロックフリー
64GB8万5536円8万8992円8万9280円8万784円
128GB9万3312円9万4608円9万5040円8万6184円
256GB10万4976円10万7424円10万8000円9万8064円

iPhone11proの一括価格

 ドコモauソフトバンクSIMロックフリー
64GB12万4416円12万4992円12万7200円11万5344円
256GB13万9968円14万1984円14万5920円13万2624円
512GB16万3296円16万7472円17万2320円15万6384円

iPhone11 pro Maxの一括価格

 ドコモauソフトバンクSIMロックフリー
64GB13万6080円13万7808円14万2560円12万9384円
256GB15万5520円15万6096円16万1760円14万6664円
512GB17万8848円18万1584円18万7680円17万424円

一括の値段で見ると、iPhone11ではSIMロックフリーの8万784円が最安値です。

ProやMaxは10万円を軽く超えて、最上級ノートパソコン並みの値段になっていますね(;^ω^)

実質価格

3キャリアごとの端末購入時の割引後の実質価格を見てみましょう。

iPhone11実質価格

 ドコモauソフトバンク
端末購入プログラムスマホおかえしプログラムアップグレードプログラムDX半額サポート+
プログラム料390円×24(不課税)390円×24(不課税)
64GB5万7024円5万3856円5万4000円
128GB6万2208円5万6664円5万6880円
256GB6万9984円6万3072円6万3360円

iPhone11pro実質価格

 ドコモauソフトバンク
端末購入プログラムスマホおかえしプログラムアップグレードプログラムDX半額サポート+
プログラム料390円×24(不課税)390円×24(不課税)
64GB8万2944円7万1856円7万2960円
256GB9万3312円8万352円8万2320円
512GB10万8864円9万3096円9万5520円

iPhone11 Pro Max実質価格

 ドコモauソフトバンク
端末購入プログラムスマホおかえしプログラムアップグレードプログラムDX半額サポート+
プログラム料390円×24(不課税)390円×24(不課税)
64GB9万720円7万8264円8万640円
256GB10万3680円8万7408円9万240円
512GB11万9232円10万152円10万3200円

メディアモバイル参照)

10万円以内の価格が、各キャリアのサポートのおかげでちょこちょこ増えていますね。

各キャリアの中でも、auがどの機種においても最安値のようです。

ちなみに、iPhone8 plusをお持ちの方は、アップルストアで下取りしてもらうと、実質¥48,630から購入可能ですので、チェックしてみると良いでしょう。

アップルストア【公式】

 

機種の機能変更点は?

iPhone11のカメラは機能アップ!ナイトモードが新たに装備

iPhone xとの違いは、ナイトモードが装備された点でしょう。

こちらの写真をご覧ください。(アップル公式より)

iPhone11の価格はどのくらい?ナイトモード装備は子育て世代に必要か

ナイトモードは暗いシーンでは自動的にオンになり、ハードウェアの手ブレ補正と、カメラのソフトウェアでのブレ補正や合成機能をしてくれるとのこと。

お出かけして少し暗くなってきた時や、水族館など少し暗い場所でも補正してきれいな写真が撮れそうですね。

iPhone11のスペックは?

iPhone11とiPhoneXRの比較表はこちら

 iPhone 11iPhone XR
ディスプレイサイズ6.1インチ
ディスプレイLiquid Retina HDLiquid Retina HD
解像度1,792 x 828ピクセル
コントラスト比1,400:1
チップA13 BionicA12 Bionic
Neural Engine第3世代第2世代
背面カメラデュアル12MPカメラシングル12MPカメラ
(超広角と広角)(広角)
前面カメラTrueDepthカメラTrueDepthカメラ
(12MP)(7MP)
ナイトモード
QuickTakeビデオ
防水・防じん性能水深2メートルで最大30分間水深1メートルで最大30分間
フィードバックタッチ触覚タッチ
Wi‑Fi802.11ax802.11ac
LTEギガビット級LTE4G LTE-Advanced
Face ID
Touch ID
ボディガラスとアルミニウム
高さ150.9mm
75.7mm
厚さ8.3mm
重量194g
バッテリー駆動時間ビデオ再生:ビデオ再生:
最大17時間最大16時間
ビデオ再生(ストリーミング):オーディオ再生:
最大10時間最大65時間
オーディオ再生: 
最大65時間 

ディスプレイの大きさは6.1インチなので、大きいスマホに慣れている方は違和感を感じることはなさそうです。

防水性能もやや上がっていますね。

スペック的には、iPhoneXRとは特に変わりはないようです。

iPhoneXRを使っている人は、ナイトモードがどうしても必要でなければ買い替える必要はないかもしれませんね。

iPhone11発売後の値下げ価格もそれほど大幅に変わらないようです。

とはいえ、iPhone8以前のiPhoneを使っている人にとっては性能も大幅にアップしているのは違いありません。

気になっている方は、店頭で実機を触って確認してみるのが良いでしょう。

iPhone 11 ProとiPhone XSの比較表はこちら

 iPhone 11 ProiPhone XS
ディスプレイサイズ5.8インチ
ディスプレイSuper Retina XDRSuper Retina HD
解像度2,436 x 1,125ピクセル
コントラスト比2,000,000:11,000,000:1
チップA13 BionicA12 Bionic
Neural Engine第3世代第2世代
背面カメラトリプル12MPカメラデュアル12MPカメラ
(超広角、広角、望遠)(広角と望遠)
前面カメラTrueDepthカメラTrueDepthカメラ
(12MP)(7MP)
ナイトモード
QuickTakeビデオ
防水・防じん性能水深4メートルで最大30分間水深2メートルで最大30分間
フィードバックタッチ触覚タッチ3D Touch
Wi‑Fi802.11ax802.11ac
LTEギガビット級LTE4G LTE-Advanced
Face ID
Touch ID
ボディテクスチャードマットガラスとガラスとステンレススチール
ステンレススチール
高さ144.0mm143.6mm
71.4mm70.9mm
厚さ8.1mm7.7mm
重量188g177g
バッテリー駆動時間ビデオ再生:ビデオ再生:
最大18時間最大14時間
ビデオ再生(ストリーミング):オーディオ再生:
最大11時間最大60時間
オーディオ再生: 
最大65時間 

iPhone 11 ProとiPhone XSの大きな違いとしては、やはりカメラ周りの性能やデザインでしょうか。

iPhone XSでは、広角と望遠を備えたデュアル12MPカメラを採用しています。

iPhone 11 Proは広角、望遠、超広角というトリプル12MPカメラが採用されています。

iPhone11がタピオカカメラと言われているのが、このトリプル12MPカメラによるものであるのもちょっと納得な見た目をしています。

iPhone11の価格はどのくらい?ナイトモード装備は子育て世代に必要か

型落ちのiPhoneでも写真は十分に撮れる?

最新機種であればあるほど、やはり画質や機能などは上がっているので、どちらが優れているかというと、最新機種に軍配を上げる人も多いかもしれません。

ただ、型落ちのiPhoneでも十分な使い方をしている方や写真にそこまでこだわりがない方もいますよね。

子育て世代にとっても、iPhoneは価格が安いとは言えない値段なので、即買いは厳しいところだと思います。

そのような場合は、型落ちのiPhoneでもお手頃な価格のものを選ぶと良いでしょう。

他社のandroid製品でもカメラ性能は十分なものもありますね。

そもそもスマホにカメラ性能を期待しない場合は、デジカメや一眼レフと分けて購入するのもありですね。

新しくiPhoneを購入するならば

最新機種iPhone11を安く手に入れたい人は

  • キャリアに入っている人はauが最安値で入手可能。
  • iPhone8 plusを持っているならば、アップルストアで下取り購入。

型落ちのiPhoneでも構わない人は

iPhone11発売に合わせて安売りしているiPhone8などを購入すると良い。

くろ
くろ
それぞれの使用目的やこだわりに合わせて購入を考えるのが良さそうですね。

 

 

ABOUT ME
よしの
看護師・保健師公務員を退職後、フリーランスイラストレーターとして働く20代新米主婦。 これまでの経験を生かして無理なく毎日を楽しく過ごすヒントを発信。 旦那さんと猫が大好き!
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください