妊娠

エコー写真は消える!写真保存の工夫

エコー写真は消える!写真保存の工夫
よしの
よしの
こんにちは!よしの(@yoshinolife)です。

エコー写真の保存方法って悩みますよね。

先輩ママによると、エコー写真はそのまま放置しておくと消えて真っ白になってしまうそう。

しろ
しろ
えっショック…

わが子の記録が消えてしまう前に、きちんと整理して保存したいけれどどうするのが正解なんでしょうか?

今回はエコー写真の保存方法と注意点についてまとめました。

この記事はこんなあなたにおすすめ!

  • エコー写真の保存方法に悩んでいる妊婦さん・産婦さん
  • エコー写真について知りたい妊婦さん・産婦さん
スポンサーリンク

エコー写真が消える理由は「感熱紙」

 

エコー写真に使われている紙は、感熱紙やインスタント写真の場合が多く、 日が経つとだんだん薄くなり消えていってしまうのです。

ポケットアルバムにそのまま保存したり、まとめてファイルに入れていては、 何年か後に見た時、全部消えている可能性があります。

貴重な成長記録をいつまでも残すためには、きちんとした写真にする必要があります。

カメラのキタムラホームページより)

 

どうやら、この「感熱紙」と呼ばれる紙が熱を受け続けた結果、インクが消えてしまうようですね。

透明のシートでラミネートするのも熱を加えてしまうので、直接ラミネートするのは絶対NGです。

3Dや4Dのエコーは感熱紙ではなく写真なので消えません。

一般的な2Dのエコーは感熱紙なので消えてしまいます。

エコー写真の保存方法

家庭でもできる保存方法としては、次の4つが考えられます。

  • デジカメ・スマホで写真をとる
  • データをとる
  • コピーをとる
  • フォトブックにしてもらう

コスパ重視派におすすめの保存方法はデータ化

  • デジカメ・スマホで写真をとる
  • スキャンしてデータをとる
  • コピー

デジカメ・スマホで写真をとる

デジカメやスマホで写真をとっておく方は多いでしょう。

もっともカンタンなデータ化の方法です。

持ち運び可能なので、いつでも赤ちゃんの成長を見返したり、周りの人に報告したりするときに便利ですね。

ただ、誤って消去する可能性や、一覧で確認できないところがデメリットです。

それに写真の撮り方を工夫しないと、光の反射やピンボケで画像が見えにくくなってしまうことも考えられますね。

きれいに撮るのは難しいので、一時的な保存方法・保存場所と割り切って考えておくのが良いでしょう。

\きれいな写真の撮り方のコツ/

  • 平らな所に置いて、できるだけ真上から撮る
  • 影や光の映り込みに注意
  • ピントが合っているか確認

デジカメの場合は接写モードで撮影しましょう。

スマホの場合は、カメラアプリや画像加工アプリで四角く切り抜くなど編集すると綺麗にデータ化できるので、活用してみてください。

スキャンしてデータをとる

スキャンすると、写真で撮るよりもきれいにデータをとっておくことができます。

家にパソコンとプリントスキャナーがあるご家庭ならば、健診後すぐにエコーをスキャンしてパソコンにデータを取り込めますね。

カメラの専門店でもプリントサービスの一つで、エコー写真のデータ化をしてくれるところがあります。

自分でフォトブックを作ったりと後々どうするかを決められるので、とりあえずデータ化しておきたい場合はスキャンしてデータをとっておくことをおすすめします。

こちらもデータ化したまま放っておくと、誤って削除してしまう可能性があるので注意が必要です。

1か所に保存するのではなく、DVDやSDカード、USBなどにデータのバックアップをとっておくようにしましょう。

\ここに注意!/

スキャナの機種や設定によっては、感熱紙を真っ黒にしてしまう可能性があります。

 自宅スキャナや店舗のスキャナを初めて利用するときは、エコー写真をスキャンする前にレシートなどで真っ黒にならないか確認すると良いでしょう。

レシートも感熱紙なので、レシートが真っ黒にならなければエコー写真も安心してスキャンできます。

コピーをとる

スキャンがない場合は、コピーをとる方法もあります。

データは取れませんが、消えないうちに紙媒体でエコーをとっておきたい場合はコピーでも良いですね。

カラーコピーも便利ですが、コピーのコピーを繰り返していくとどんどん劣化していきます。

紛失や紙の破損を防ぐためにも、コピーよりもデータで残すことをおすすめします。

クオリティ重視派におすすめの保存方法はアルバム化

  • フォトブックにしてもらう
  • 写真に印刷して手作りアルバム

「データをとっておくだけでなく、目に見える形で残しておきたい」とこだわりのあなたには、フォトブックを作ったり、手作りアルバムを作ることをおすすめします。

フォトブックにしてもらう

エコー写真は消える!写真保存の工夫

カメラのキタムラでは、エコー写真を本にしてもらえる「おなかのフォトブック」というサービスがあります。

エコー写真をキタムラに持ち込むと、写真専門店ならではの高品質なエコーアルバムの作成が可能です。

22ページで3000円というお値打ち価格バックアップデータのCDもついてくるので、お得なサービスですね。

仕上げも10日ほどでしてくれます。

生まれた日や身長体重を書き込む専用ページのほか、手形・足形も保存可能です。

産後にバタバタせず、カンタンにアルバムをまとめることができますね。

\公式ホームページでチェック/

カメラのキタムラ【公式】

写真に印刷して手作りアルバム

さらにこだわりがあるあなたは、手作りでアルバムを作成しましょう。

貴重な思い出にもなり、あなたオリジナルの世界に一つだけのアルバムができるのでおすすめです。

データ化しておいたエコー写真を現像し、お好きなアルバム帳に貼り付けていきます。

アルバムは百均や無印良品などがシンプルでアレンジもしやすいです。

マスキングテープやシールなど使ってコメントを添えるとかわいいですね。

エコー写真を保存するならデータ化を

「産後はバタバタしてエコー写真の保存を忘れていた」と母子手帳や母子手帳ケースに挟みっぱなしのお母さんが実はたくさんいます。

(私が働いているときも、財布にたまったレシート並みに、母子手帳にエコー写真が挟まっている方がチラホラ…(;^ω^))

もちろんそのエコー写真はポロポロ落としたり、興味を持った子どもが無理やりつかんだりして、傷んでしまいクシャクシャ…

将来子どもにも、できればきれいな状態で見せてあげたいですよね。

産後はバタバタして、なかなか整理整頓にやる気を出すのが難しいです。

妊娠中にある程度エコー写真のデータ化やバックアップをしておいて、準備をしておきましょう。

おさらい

コスパ重視派におすすめ

  • デジカメ・スマホで写真をとる
  • スキャンしてデータをとる
  • コピー

クオリティ重視派におすすめ

  • フォトブックにしてもらう
  • 写真に印刷して手作りアルバム

 

ABOUT ME
よしの
看護師・保健師公務員を退職後、フリーランスイラストレーターとして働く20代新米主婦。 これまでの経験を生かして無理なく毎日を楽しく過ごすヒントを発信。 旦那さんと猫が大好き!
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください